第7回:ステップ3 SEO を始める vol.2

顧客の隠れた心理を読み解くトレーニング

ユーザーのニーズをくみ取るトレーニングは、

  • Google Analytics
  • Google AdWords
  • Yahoo!スポンサードサーチ

の管理画面の3つで行うことができます。

どのキーワードで訪れたユーザーが多くのページを見てくれているのか、滞在時間が長いのか、すぐに去ってしまうのか、コンバージョンするのか。この4点を重点的にチェックしていると、「こういうキーワードを使う人はこれを望んでいるんだな。」とだんだん分かるようになってきます。
ITの専門的な知識がなくても、これらの機能はすぐに使えるようになるので、ぜひ導入してみてください。

そして、皆さんもネットで毎日のように何かを検索しているでしょうから、その際に「今、私はこんなキーワードで探そうとしている」と意識してみることです。
そのキーワードからどんなサイトを選び、どんな商品やサービスの内容に興味を抱いて購入に踏み切ったのか、プロセスを客観的に分析してみるのです。

おそらく、多くのお客様が同じプロセスで購入しているでしょうし、そのプロセスを知ることが売れるホームページ。儲かるキーワードを知ることにもなります。
数字だけを見るのではなく、キーワードを入力した人の気持ちはどんなだろうと想像するトレーニングも日ごろ行っていると、3ヶ月~6ヶ月くらいでキーワードに隠された顧客の心理をある程度読み解けるようになります。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ