体臭

おはようございます。36歳になり、ふと目に入った記事をご紹介いたします。
「最近、旦那の体臭がきつくて一緒に寝るのが正直つらい」
「なんか彼氏の部屋って臭うんだよね」
最近、こんな話を耳にしました。男性がこういった話題を人から聞いて、“自分の妻や彼女も実は悩んでいた”と知ったら、きっと悲しんでしまうことでしょう。
しかし、ふとしたときに隣で寝ている旦那や彼氏の体臭が気になってしまう女性は多いのではないでしょうか。
そんな女性のために、言葉で傷つけずに体臭を抑える、簡単な方法をお教えしたいと思います。
「汗のニオイにはにおうものとにおわないものがある!?」という記事でも臭いを改善する方法でもお伝えしていますが、今回はすぐにできる臭いの原因を食べ物で抑えるテクニックをご紹介します。
■臭いを抑えることができる食材って?
(1)生姜
料理でも臭みを消すために用いられる食材です。生姜には体臭の発生をくいとめる働きもします。
生姜に含まれるジンゲロンやショウガオールの成分には強い殺菌力があるので皮膚の雑菌も防いでくれるのです。
タオルに生姜を含ませたお湯で絞り、気になるポイントを拭いてみてください。
(2)米酢
酢の面な成分であるクエン酸には、殺菌効果はもちろん皮膚の表面を酸性に保ってくれるので雑菌の増殖を抑えてくれます。
汗腺も引き締めてくれるので、お風呂に少し入れると汗を抑えてくれる素晴らしい効果も。
(3)レモン
レモンには殺菌作用をはじめ消臭や芳香作用があります。
皮脂が酸化するのを防いでくれるので、臭いが強かったり皮脂が分泌されるワキなどにつけると良いですよ。一時的な臭いを抑えるのに効果的です。
汗を無理矢理止めるものよりも、このように体内にいれても安心なもので抑制できるのであれば、安心ですよね。
また、あなた自身も「体臭がきつい」と思われないように、ぜひお試しくださいませ!
自分では気づかなかったり、なかなか言われにくいことですよね。他人に不快感をしらずしらずのうちに与えていることはありがちです。気をつけます。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ