鶏肉や鶏卵は頭に良い

突然だが皆さん、今日は親子丼を食べてみてはいかがだろうか。副菜には豆がおすすめ。最近の研究により、鶏肉や卵、豆などが脳の老化防止に一役かっているらしいということが分かったのだ。
鶏肉、鶏卵、マメ科植物、海水魚にはビタミンB複合体のコリンという栄養素が含まれている。ボストン大学の研究者らによると、コリンを十分に摂取している人はそうでない人に比べ記憶力が良く、また痴呆になりにくい傾向にあるという。
調査では36歳から83歳まで1400人の被験者を対象にアンケートを行い、4年間の食生活に関するデータを収集。その後長期間にわたり記憶力や思考力のテスト、MRIでの脳撮影を実施し、栄養摂取と脳機能の関係を考証した。
すると日常的にコリンを十分に摂取していたグループはそうでないグループよりも記憶力、思考力の衰えが緩やかで、日々の物事の変化にも敏感であるという結果が得られた。これはコリンが脳を老化の影響から守る働きをするためと推察される。
またMRI写真からは、脳卒中や痴呆と関わりがある脳血管病の兆候、白質病変がコリン不足の人に多く見られた。コリンは記憶力や思考力を司る脳内物質アセチルコリンに変化するが、この分泌が少ないとアルツハイマーを発症しやすいと言われている。
というわけで、今夜の献立でお悩みの方はぜひ親子丼を! もちろん食物には「これだけ食べていればいい」というものはなく、バランス良く色々なものを摂取するのが大切だということも忘れないで欲しい。
参照元:DailyMail(英文)

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ