営業の出発点

「お客様と同じ情報量を持つ事」これこそが営業の出発点です。なぜなら、お客様を理解しなければ信頼関係は生まれな・構築できないからです。お客様さまを知る。これは営業マンにとって非常に大切なことです。お客様から見ると、
うちのことを知らない=顧客のことを真剣に考えていない
と判断されてしまうのです。これは営業マンにとって致命的です。ルート営業の場合、同じ顧客と繰り返し接触します。だからこそ、自社にとっての「常識」を知らない営業マンは評価されません。お客さまを理解し、共通言語で話せるようにならなければ、信頼は得れないでしょう。お客様と同じ視点と情報をもって、初めてコミニュケーションが成立します。社員でなくても社員並みに話せることで、グッと信頼感が増すわけです。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ