マーケティング:パレードの法則

パレードの法則は御存知ですか?80対20の法則とかニッパチの法則、バラツキの法則とかとも呼ばれています。簡単に解説すると、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見した冪乗則です。経済活動において、全体の数値の大部分は、構成する一分の要素で成り立っているという説です。また、経済活動以外でも様々な事象にあてはめられることも多くなってきています。
事象としては
・ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行なうよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行なう方が効率的である。
・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。
・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
・仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
・故障の8割は、全商品の2割に原因がある。
・所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
・プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。
・全体の20%が優れた設計ならば使用上80%の状況で優れた能力を発揮する。
すべてが当てはまるわけではありませんが、知っているとマーケティングのヒントにはなります。戦略の計画や見直し時に当てはめてみましょう。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ