プッシュ型営業からプル型営業へ

押し売り営業とは、言い方を変えれば「プッシュ型の営業」です。

とにかく「買ってください」と購入をお願いする。買ってくれそうな方を見つけたら、

積極的にアプローチし、押して押して押しまくる営業です。

これで、成果があがるジャンルもないわけではありません。

不動産や投資商品、墓地、墓石、英語教材、ケーブルテレビの契約、保険など

「そういえば欲しかったかも」という商品が街頭します。訪問販売やテレアポなどを

活用することが多いのですが、コストパフォーマンスも意外と悪くありません。

しかし、プッシュ型営業は今や限られた商品だけに適用される営業スタイルです。

今後、これからは・・・

「プル型営業」のじだいです。

次回は

「プル型営業」です。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ