インターネット広告の種類

インターネット広告には表示形式と料金体系
との分類があります。
表示形式による分類
・テキスト広告
  リンクを張った文字情報で表現する広告。
  掲載スペースが少なく、メールマガジン
  などでも利用される。
・バナー広告
  画像やアニメーション(FLASH)に
  よって表現する広告。商品やサービスを
  視覚的に表現できる為、テキスト広告に
  比べて訴求力が高い。
料金体系による分類
・定額制広告
  定額制など、掲載期間に応じて費用が発生する広告。
・クリック課金型広告(PPC広告)
  広告がクリックされた回数に応じて費用の発生する広告。
・アフィリエイト型広告
  広告をクリックしたユーザーが、リンク先のサイトで
  コンバージョン(商品の購入や資料請求・会員登録など)に
  至った数に応じて費用が発生する広告。
キーワード広告は
「クリック課金型広告」「テキスト広告」になります。
  

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ