Webマーケティングコンサルティングプログラム

①現状把握(既存サイト評価)

チェックポイント

  • 社内のWEBマーケティングの現状把握
  • 社内の体制、マーケティングスキルとホームページの状況を把握
  • 目標の設定

②コンセプト策定(マーケティング設計の流れを理解する)

チェックポイント

  • マーケティングシート(ヒヤリングシート)が記入されている。
  • 営業プロセス計画、ホームページ計画が完成。

③サイト構築(ブログを使用したマーケティングサイト)

チェックポイント

  • コンセプトを理解し、コンセプトにそくしたホームページを作成する。

④ワードプレスを活用したページ作成(更新スキル・設計ノウハウの習得)

チェックポイント

  • ブログで目的を持った記事を作成する。
  • 週に2回以上ブログのコンテンツを書き込む

⑤更新作業の日常業務化(更新のための社内フローの確立)

チェックポイント

  • 日々書き込む内容を探し、ブログを更新する。
  • キーワードに特化した内容の充実。

⑥ログ解析の分析指標化(ログ解析ツールによる現状把握)

チェックポイント

  • アクセス解析ツールを活用し、ログ解析の結果を集計・分析する。
  • 分析した結果をブログのコンテンツの内容変更を実施する。

⑦SEO対策(SEO対策のノウハウ習得)

チェックポイント

  • サイト内キーワードを意識してコンテンツを作成する。
  • リンクポピュラリティーの技術を上げる。

⑧集客プロセスの構築(集客プロセスを立てる)

チェックポイント

  • ターゲットへUSP(強み)を伝える最適なアプローチ方法を選定する。
  • メールアドレス取得率、資料請求率、成約率等を上げる仕組みを構築する。

⑨効果測定の仕組み構築(CPI・CPO等各種指標の分析)

チェックポイント

  • アプローチ方法の効率を測定し、最適な集客プロセスを構築する。
  • CPI・CPOを計り分析する。

⑩集客プロセスの改善(媒体選定・売れる仕組みの自社改善を実施)

チェックポイント

  • ⑨を元に集客プロセスを自社で開発する。
  • 自社オリジナルの集客方法考え、実践する。

⑪PDCAサイクルの実施

チェックポイント

  • 社内でPDCAサイクルを回し、営業プロセスを実践する。

⑫運用ノウハウ社内共有

チェックポイント

  • WEBマーケティング担当者だけでなく、会社全体(担当部署)でノウハウを吸収・共有できる仕組みの構築
  • 作業マニュアルを作成し自社だけで営業プロセスを開発・実践する。

⑬別商品でWEBマーケティング推進

チェックポイント

  • 今まで創りあげたノウハウを元に新しいWEBノウハウを用いて自社内で応用し実践する。

 

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ