儲かるキーワード

儲かるキーワード儲かるキーワードになるために必要な2つの条件は、

  • 検索回数が十分あること
  • キーワードにユーザーのニーズが込められていること

儲かるキーワードを選ぶために、まずは「量は質を凌駕する」という点を念頭に置いておいていきます。キーワードを選ぶときには、3つの視点から分析します。

  • 自社(Company)
  • 他社(Competitor)
  • 顧客(Customer)

これをキーワード3C分析法と呼んでいます。自分(自社)を知り敵(競合相手)を知り味方にしたい人(顧客)のことを知る。その3者が「いいな」と思っているキーワードこそ、最強のキーワードになります。

 

1.自社を分析する

自社分析とは、現状を把握することです。自分達は「カッコいいホームページだ」と思っていても、コンバージョンにつながっていないのなら何か問題点があるはずです。それを分析しなければ、ホームページを改善できません。

自社の分析をするのに有効なのは、Google Analytics」などの解析シールです。直帰率、滞在時間、閲覧ページビュー、そしてコンバージョン率の4つのポイントを中心に調べますが、なかでも最も重要なのが”コンバージョン率”です。ほかのポイントの100倍ぐらい重要なチェックポイントですので、徹底的に調べていきます。

同時に、自社のパンフレットや提案資料の中に記載されているキーワードをあらためて見直してみます。自社が強調したいキーワードで構いませんので一度洗い出していきます。

 

2.競合を分析する

競合とは、同業他社だけではなく、キーワード広告などで自社が1位を狙っているキーワードを使っている企業、検索エンジンで同じキーワードで上位にランクしている企業が力を入れて対策しているキーワードを洗い出していきます。
そのキーワードが「儲かるキーワード」である可能性が高いのです。洗い出し方としては、競合する会社または商品のホームページで使われている以下の項目について調べます。

  • titleタグ
  • metaタグ
  • h1タグ

競合が力を入れて対策しているキーワードは、儲かるキーワードである可能性が高いと判断できます。この方法は少ないコストで大きな成果が期待できるでしょう。

 

3.顧客を分析する

キーワードには顧客のニーズが隠されています。顧客のニーズを知るためには次のような方法があります。

1.キーワードツールを使う

キーワードを洗い出すために「Google AdWordsキーワードツール」などのツールがあります。Googleが提供するキーワードツールを使うと、関連語の候補を調べられ、お客様の関心度が高いキーワードが分かります。

2.顧客の生の声

顧客のニーズを知るには、やはり直接聞いてみるのが一番です。商談の際に顧客にアンケートを実施していきます。また、問い合わせ電話やメール、商談開始のときに、「○○が欲しいんですけど」「○○について知りたいんですけど」と顧客が発する第一声こそニーズが最も高いキーワードです。なかでも、問い合わせのメールの文章には注目すべきです。メールを打つときは、ネットで検索しているのと同じような心理状況なので顧客のニーズが凝縮されています。ネットの中には無数のお客様のニーズが転がっています。それを見つけだして、どう生かすかかが醍醐味になっていきます。

 

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ