USPの抽出

会社の強みを見つける

usp独自営業提案「USP」とは、Unique Selling Proposition(独自営業提案)のことです。どんな会社にも必ず、独自の強みがあります。取り得のない会社なんて絶対にありません。

お客様がいれば必ず他社にはない強み・利点・長所が必ずあなたの会社にもあります。「どのようにアプローチするか」よりも
「何をアピールすべきか?」を考え、確立します。

 

USPの例

企業の特徴を考える『uspとピザ』例えば、宅配ピザで有名なドミノピザのUSPは、「注文から30分以内に必ずアツアツのピザをお届けします。」という、当時としては画期的なビジネスモデルです。ドミノピザ以前には、ピザが食べたければ、メニューにピザがあるレストランへ食べに行くか、チーズが冷めて固まってしまった宅配のピザしかありませんでした。

冷めたピザにうんざりしていた人に、宅配ピザで「えっ!本当にそんなことができるの?」と思わせるにはどうすればいいのか。そこで「注文から30分以内に必ずアツアツのピザをお届けします。」という他にはないUSPが生み出されたのです。

USPは商品だけに限るわけではありません。ドミノピザも、ピザそのものの味は、他の宅配ピザと大して違いはないでしょう。つまり、商品そのものを特別にするのではなく、「注文から30分以内」というスピード感と「アツアツで届ける」というサービスをUSPとして確立して成功したのです。

usp顧客を喜ばせる「USP」は、顧客に「えっ!本当にそんなことができるの?」と思わせるようなものでなくてはなりません。他にいろいろな選択肢がある中で、顧客に自社の商品を選んでもらうには、オリジナリティが必要です。他には真似できない芸術性や、特許で守られた技術などがあるなら、それがそのままUSPになりますが、なかなかそうもいかないものです。
また、他人・他社の真似は駄目です。自社の強みと他社の強みは違います。弊社ではWEBマーケティングコンサルティングを通してお客様と共に「USP」を探していきます。

営業戦略で活用される「USP」

【WEB】

  • コンセプト・企画を作成する時
  • キーワード選定する時
  • メルマガの件名を作成する時

【営業】

  • 競合他社と比較検討されている時のセールストーク
  • 20秒で要件を伝えるトーク時
  • クロージングで最後の一押しをする時

などなど、活用幅は無限に広がります。
「USP」を抽出した後は、「ターゲット」を選定していきます。

 

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ