JCI公式研修コースより 「JCI Trainer」大人のための研修の企画と実施を参加して

ある会場で「今まで受講した嫌なセミナーや研修を教えてください」と・・・。グループデスカッションがはじまりました。※集団討論会の事です。
日頃、講師業も含め皆様に「セミナー」を提供している、私にすると大変貴重な機会でした。私のグループでは、
【嫌な研修】
・しゃべる研修(あてられて、意見を求めらる)
・ペナルティーがある
・講師の声が聞こえない
・講師のトークが棒読みである
・やたら、講師が交代する。
・時間配分が分からない
・休憩がない(長くても90分ぐらい)
・上から目線の講義
・一方的な話し方
・威圧的な話し方
・担当者がいない
・段取りがわるい
・間がわるい
・説明が不十分
・最初からすっべている
なるほど・・・とても興味深く参加していました。自分にあてはまるところがあると気づきになりました。上記項目に気を配ります。
その後、「良い研修は?」との解答がこちら
【良い研修】
・経験に基づいた事例になびいた
・事例が豊富
・流れが良い
・講師が元気。明るい。
・参加者の意見を引き出してくれる
・流れが良い
・参加して検証できる
・人数が少数(20人ぐらい)
トレーナー(講師)・設営・プログラム・参加人数等の項目に分け分析するとわかりやすいとのお話がありました。営業も同じだな~と感じた瞬間でした。
子供は将来のために学びます。大人は現在の問題を解決するために学びます。大人の学習は参加者側も講師側も「周囲」を巻き込んで「意見」を求めて、解決するために「話会う」そして「他の意見」を尊重するセミナーや研修が成果につながるとのお話でした。
JCI公式研修コースより 「JCI Trainer」大人のための研修の企画と実施を参加して
$きときと講師 奥井良樹

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ