「ホームページ営業術:ブログ講座」の記事一覧

第12回:ステップ4 キーワード広告を始める vol.3

広告文に入れてはいけないこと 広告文に広告臭があるとお客様はクリックしないと第11回講座でお話ししましたが、そのほかにも注意事項はあります。

第11回:ステップ4 キーワード広告を始める vol.2

キーワード広告文で差別化を図る Googleが提供するキーワード広告「Google AdWords」で上位に表示されるには広告の品質が重視されます。

第10回:ステップ4 キーワード広告を始める vol.1

キーワードのグルーピング手順 洗いだしたキーワードを広告文で活用するために分類する必要があります。 まず、キーワードを検索ボリュームとニーズが明確かどうかで2つに分けます。

第9回:ステップ3 SEO を始める vol.4

儲かるキーワードを洗い出す 儲かるキーワードになるために必要な2つの条件は、 1.検索回数が十分あること 2.キーワードにユーザーのニーズが込められていること 儲かるキーワードを選…

第8回:ステップ3 SEO を始める vol.3

キーワードとコンバージョンの関係 キーワードには、「情報収集キーワード」と「購入検討キーワード」の2 種類があると第6回講座でお話ししましたが、コンバージョンを導けるのは購入検討キーワードです。

第7回:ステップ3 SEO を始める vol.2

顧客の隠れた心理を読み解くトレーニング ユーザーのニーズをくみ取るトレーニングは、 Google Analytics Google AdWords Yahoo!スポンサードサーチ の…

第6回:ステップ3 SEO を始める vol.1

キーワードに顧客の心理が表れる GoogleやYahoo!の検索エンジンから特定のキーワードで検索したとき、1位に表示される場合と2ページ目、つまり11位に表示される場合では、ホームページの紹介文を…

第5回:ステップ2 儲かるキーワードを特定する vol.3

キーワードに顧客の心理が表れる GoogleやYahoo!の検索エンジンから特定のキーワードで検索したとき、1位に表示される場合と2ページ目、つまり11位に表示される場合では、ホームページの紹介文を…

第4回:ステップ2 儲かるキーワードを特定する vol.2

「USP」によるブレない戦略 USPは、顧客に「えっ!本当にそんなことができるの?」と思わせるようなものでなくてはなりません。

第3回:ステップ2 儲かるキーワードを特定する vol.1

ダンベルモデルで自社の強み「USP」を確立する 「ダンベルモデル」というのは、どういう「商品」をどんな「アプローチ」で、どういった顧客を「ターゲット」にして営業をかけるのかという、商品を販売する…

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ