経営者のための、この経済を乗り切る資金繰り!!

昨日、税理士法人タックス総研さんのセミナーを受講してきました。
熱力学第2法則【エントロビーの法則】をもとに「キャッシュフロー」をとてもわかりやすく教えて頂きました。習ったことを纏めると
■損益計算書の当期利益だけでなく、年間の借入返済・設備投資支出も、同様と見る。
■その差引結果が、現金預金残高の増減原因になる。
■借金の返済は、黒字でないと実質できない。しかし、黒字がでれば、約50%税金がかかってしまう。
■1,000万円の借金返済には、2,000万+利息が必要。
■借金のコントロールが、経営の要です。
■決算書利益は変わっても、現預金残高は正直。
■2期比較決算書を見て、現預金が増えていればよし。
■固定費は売上の平均18%は最低かかるもの。
そして、「キャッシュフロー」を改善する特効薬は
①ビジョンを持つこと
 経営方針が明確、社内意識が同じ方向を向く
②売上げでなく、利益にこだわる。18%以上
 利益目標のものさしがある。(人工、時間、単価)
③回転率(早く納品)と回収を早くする
④月次決算をしている
⑤経営(幹部)会議でコミュニケーションがとれている
⑥優秀な税理士・担当者がついていて、納税が安い。
 節税は1年勝負!!3年後のことは考えない
改善する薬はの調合は「売れる仕組みづくり」の構築です。
経営のことは
税理士法人タックス総研
http://www.ykc-g.com/top.html

「売れる仕組みづくり」のことは
ワイズ イノベーション
http://ys-innovation.jp/

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ