第2回:ステップ1 PPC 広告を試験的に出す

GoogleのアドワーズもYahoo!のスポンサードサーチも、登録したいキーワードをオークションで競り落とす(入札する)システムです。
例えば、消費者金融が「キャッシング」というキーワードでユーザーが検索したときに、自社の広告を表示してもらいたいと考えたとします。
ところが、消費者金融は今や大手企業でしのぎを削っている状態なので、その分落札額も高くなります。

「融資」「キャッシング」というキーワードの落札額は1クリック3,000円と言われています。これは、1日にユーザーが100人クリックしたら30万円支払うことになります。

中小企業がここまでコストをかけるのは厳しいので、なるべく競合が少なく、けれども多くのユーザーが使いそうなキーワードを考えなければなりません。ユーザーに検索してもらえなければ意味がないので、キーワードを絞り込むという作業が重要です。

キーワード広告は、まず試験的に月額3万円~5万円で、1ヶ月から3ヶ月間続けてみて下さい。1~3ヶ月間と期限を区切るのは、キーワード広告の操作スキルを身に付けるのにそれくらいの時間がかかるからです。

きちんとしたステップを踏んでキーワード広告を掲載した場合に、コンバージョンを1つ取るのにかかるコストは、業種・業界を問わず、統計上5千円~3万円だと言われています。
3万円~5万円はコンバージョンを取るために最低限必要な投資額なのです。

そして、コンバージョンが取れるようになったら、そこで集めた情報をもとに、次のステップである「儲かるキーワード」の特定に移ります。

儲かるキーワードというのは、

”コンバージョンが取れるキーワード”のことです。

高い金額で落札したキーワードでも、必ずしもコンバージョンに結び付くとは限りません。無駄なコストをかけないのは経営の基本ですから、どのキーワードでクリックするユーザーが多いのか、そこからコンバージョンに導けるのはどれぐらいの割合なのかを吟味します。

ただし、分析はあくまでも予想であり、実際に広告を出してみると期待はずれに終わる恐れもあります。それでも一度であきらめるのではなく、数回試してみて下さい。”ドンピシャ”のキーワードで広告を出せたとき、それまでの苦労が嘘のように問い合わせが殺到します。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ