私たちが求めるもの

「自分の力量に見合った仕事を求めてはならない。仕事に見合った力量を求めるべきである」
(フレデリック・ブルックス/科学者)
私達は往々にして、自分の力量にあった仕事を求めてしまう傾向があるのは事実だ。
仕事を通して自己成長を願うなら、自分の力量を超えた仕事を求めないといけないことになる。
今の仕事がマンネリ化してしまっているのなら、完全に力量の範囲内ということになる。
ワクワク感のない時間を過ごしていることになる。
それはやばい。
生活する為だけに仕事をするのか?
それとも自分の可能性を追求して、世の中に価値を提供する為に仕事をするのか?
どちらを選択するかは、あなたが選択する事ができるのだ。
吉野浩さん人生塾サイトがあります。メール登録すると、毎日上記のようなお話がとどきますよ。
http://www.jinseijuku.com/

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ