彼が仕事のデキる男かどうかを見分けるポイント4つ【後編

前回は、目白大学教授・渋谷昌三氏の著書『男を見抜く』から、同じ職場にいなくても、仕事ができる男性かどうか見極めるポイント2つをピックアップしてご紹介しました。
今回はその続きです。あなたの彼氏は仕事がデキる男ですか? チェックしてみてくださいね!
■3. プロ顔負けの趣味をもっているか
仕事が一流の人はプロ顔負け、あるいはプロになるほどの趣味をもっているケースが多いといいます。
趣味には、上達する過程の中に、新しい発想や成功のヒントが隠されていて、さらに、嫌なことがあっても趣味をもっていれば乗り越えるエネルギーになるからというのが理由だそうです。
仕事ができる男は遊びも上手っていいますよね。平日は一生懸命仕事をして、週末はサーフィン三昧で、腕はプロ級なんてステキ!
なんだかこういう人は魅力的ですし、お金の匂いがしませんか。反対に、いつも忙しい忙しいと言って休みなく働いている人って、くたびれてしまっていて魅力を感じませんよね。
きっと、成功する人は自分をリフレッシュさせる方法を知っていて、【前編】の1でも述べたように時間を上手にやりくりして遊んでいるんでしょうね。
■4.相手の好きなことより嫌いなことに気を使うか
仕事ができる人は、相手が好きなことしてあげるよりも、相手が嫌いだ、苦手だと思っていることを避けたり、フォローしたりすることで好感度をあげているのだそうです。
だから、付き合い上手な人は、強引に相手の気を引こうとはしない。男女関係でいうと、貢いでくれる人より、守ってくれる人のほうが人間関係に優れた男だといえるのだそうですよ。
自分がして欲しいことをしてくれたり、欲しいものをくれたりするのは嬉しいですよね。でも、あなたが嫌なことに触れないでいてくれたり、苦手なところをそっとフォローしていてくれることにはなかなか気がつかないものです。
よ~く、彼氏の言動を観察してみてください。思い当たるところはありませんか?
以上、参考になったでしょうか? デキる男は、やることがさりげない! 当然、自分から「こんなにデキる」なんてアピールしませんし、苦労していたとしても、それを微塵も感じさせません。
だから、デキる男を捕まえたいなら、女性にも、表面上の優しさや目先の利益だけに捉われず、その男性の本質を見抜く力が必要ですよね。
まずは、この4つのポイントに注意して観察してみてくださいね!
【参考】
※ 渋谷昌三(2009)『男を見抜く―「男は必ず、操れる」』 リュウ・ブックス アステ新書

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ