年末の楽しみの一つ。

毎年恒例の年末ジャンボ宝くじ、あなたは買いましたか?
私は今年も購入しましたが、ただ漠然と買うだけでは面白味がないので、何か宝くじの開運実践法のようなものはないかな~と探していたところ、興味深いブログ記事を見つけました!
それは、占星術師であるオオタ☆ヒロユキさんのブログ「五芒星館」に掲載されている「宝くじに当たるための五箇条」という記事。
購入する時期をはじめ、ラッキーカラー、運気が上がる食べ物の食し方など、いろいろな方向から宝くじ運をバックアップしてくれる、ちょっとユニークな方法が書かれています。 
「五箇条」の内容は「縁起の日」「ラッキーカラー」「食べ物」「開運の散髪」「縁起担ぎの術法」。
かなり実践的な開運法なのですが、私が1番気になったのは、やっぱり「縁起の日」の中にある、宝くじを買う時期について。開運の第1歩という感じがしますね。購入した日で当選の確率が変わってくるものなのでしょうか?
オオタさんが宝くじ購入の「チャンスデー」としている日はいくつかあり、それはまず「誕生日もしくはその前後の日」。
山羊座の前後の星座(射手座、山羊座、水瓶座)は他の星座よりも年末ジャンボに当選しやすい傾向にあると言われているそうですが、その理由は、これらの星座生まれの人の誕生日が宝くじの発売と発表に位置しており、この時期に運気が良い傾向にあるためだそうです。
そして、その次のチャンスデーは「誕生日から数えて120日後の日」。その後に「60日後の日」、「30日後の日」と続きます。これはオリジナルの割り出し方法で日にちを決めていて、かなりの信憑性があるのだそう。
しかし、年末ジャンボの時期を念頭に置くと、すべての人にラッキーな日がくるわけではなく、しかも180日後の日は運気の悪い日だそうで、120日後に当てはまる8月、60日後の10月、30日後の11月、誕生日付近の12月生まれ以外の人は、いつ宝くじを買えばいいの? という疑問が湧いてしまうのも確か。
記事中では占星術により1月や2月の人にもチャンスデーが出ていますが、本当に当てはまらない月の人はどうすればいいかというと……来年のチャンスまで待つか、「カン」で購入するのがよいそうです!
確かに、自分の直感を信じるのもひとつの適切な購入方法。また、時期が合わなくても、ラッキーカラーの洋服や小物を意識したり、宝くじ売り場に行く前に開運の食べ物を食したりなど、あとの四箇条を実践することによって、それを補うだけの運気が舞い込んでくるのかもしれません。
もしこれから年末ジャンボを買う予定のある人は、この一風変わった「五箇条」、試しに参考にしてみてはいかがでしょうか。
参考ブログ
http://kaoruha777.at.webry.info/201111/article_24.html

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ