富山 東日本大震災復興支援チャリティー 原田隆史講演会

富山県 富山県教育委員会 (財)富山県体育協会 富山県ジュニア陸上クラブ連絡会 後援
東日本大震災復興支援チャリティー 原田隆史講演会
魚津陸上スポーツ少年団では、震災復興支援チャリティー企画として、原田隆史先生をお迎えいたしまして、9月11日(日)13:30に講演会を開催いたします。
震災復興から6ヶ月、継続的な支援がまだまだ必要です。 
今回、魚津陸上スポーツ少年団120名あまりの子どもたちと共に東北地方の子どもたちの活動を応援出来ないかを考え、企画しました。コーチの中には、震災直後に東北に応援に駆けつけ最前線で救助に携った消防士もいます。  子どもたちには、”人のために活動した”という経験を積んで大人になって欲しいと考えています。  
 東日本大震災復興支援について何かをしたい、しようと思うだけでも、支援の一つだと考えます。行動を起こすこと、募金をすること、現地へ出向くこと、支援の形、目に見える形の違いはありますが、その目に見えない”尊さ”は何も変わりはありません。子どもでも大人でも力を合わせて活動する事で支援をできるときっかけになればと考えています。
 
 9月11日(日)皆様とお会い出来る事楽しみにしています。
        魚津陸上スポーツ少年団 コーチ一同
講師:原田隆史先生プロフィール
株式会社原田教育研究所 代表取締役社長、同 陸上競技部監督
埼玉県教育委員、高知市教育アドバイザー、
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部教授
北海道・東京・京都・大阪・高知 教師塾 塾頭
奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。保健体育指導、生活指導を受け持つ傍ら、陸上競技部の指導に注力。問題を抱えた教育現場に立ち向かい、学校と地域を再生させる。
企業経営のノウハウと金メダリストを育てたメンタルトレーニグを応用した「人を自立させる」独自の指導法【原田メソッド】により、最後の赴任校、大阪市立松虫中学校では、陸上競技の個人種目で7年間に13回の日本一を輩出し全国から注目を浴びる。その手法に企業の経営者が注目し、多くの企業から指導依頼が殺到する。学校教育、企業経営、家庭教育、スポーツ指導等多くの分野で成果を上げ「生活指導の神様、カリスマ教師」と呼ばれる。現在までに約280社・5万5千人のビジネスマンに研修・講演指導を行う。
2008年より、教育により日本を改革したいという思いのもと独立し、原田教育研究所を立ち上げる。著書に「カリスマ体育教師の常勝教育」(日経BP社)、「カリスマ教師の心づくり塾」(日本経済新聞出版社)「原田隆史の熱い言葉64」(実業之日本社)、「いま、子どもたちに伝えたいこと」(ウェッジ)など、これまでに10冊の書籍を執筆している。 
日時 平成23年9月11日(日) 13:30~16:00(開場12:30)
※当日は混雑が予想されます。お早めのご来場をおすすめします。
場所 新川文化ホール
〒937 – 0853 魚津市宮津110 新川文化ホール
魚津I.Cより2Km 駐車場800台 ( 無料 )
富山市より国道8号線にて35分
魚津駅よりコミュニティーバス ( 運賃100円 )
参加費 無料(当日は募金箱を設置いたします。義捐金募金をお願いいたします。)
定員 1186名(申し込み順・定員に達し次第しめきります)
今回の講演会の募金は全額、岩手県中学校体育連盟 陸上競技専門部を通じて、子どもたちへの活動支援金にあてさせていただきます。私たちの活動が、こどもたちの活動を支える一助になればと、考えております。ご賛同いただけますよう、お願いいたします。
詳しくは朝倉さんまで
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002151969520

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ