富山 改革に失敗する罠

全社を挙げてさまざまな改革を行っている。なのに、一向に結果が出ないのはなぜなのか」。医薬品用の原材料の研究・開発・生産を手がけるE社の会議室。我々と初めて会談した同社の経営トップは悲痛な表情を浮かべながらこう訴えた。
・ 改革が失敗する原因は、現場ではなく経営にあることが多い。
・ 今はやらないと決めることが、選択と集中を実現する。
・ 戦略とは、「何のために?」という質問に答えるものである。
・ 戦術とは、「どうやって?」という質問に答えるものである。
・ 「理由」が明確なると、人のやる気は高まる。
・ 「誤った前提」が思い込みを招く。「正しい前提」に置き換えれば、人は自然と正しい行動を取るようになる。
・ 変わるべきは現場ではなく、経営である。経営が変われば現場は変わる。
【最終回】改革に失敗する日本企業がはまり続ける罠:日経ビジネスオンライン
h

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ