売上UPにつなぐSNSとは

昨日、富山県ITセンターにて熊坂仁美さんのFacebookのビジネス活用法のセミナーに参加してきました。
SNSの中でもFacebookのお話をGoogle+のお話も交えて、わかりやすく説明していただきました。そこでの発見です。「SNSと売れる仕組みづくり」を組み合わせると面白いかもと・・・
というわけで
Facebookの活用、SNSを活用して売上UPにつなぐ方法を奥井流にアレンジしてお伝えします。皆様のご質問や悩み事をどんどんコメントしてくださいね。
SNSとはSocial Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)の頭文字を取っています。人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイトの為、Social Networking Site(ソーシャルネットワーキングサイト)とも呼ばれます。Facebookやミクシーはソーシャルメディアと呼ばれています。ソーシャルとは社会的と訳されていますが、直訳すると「社会的な情報システム」になるのかな?実際な所は発祥の地、アメリカではブログ、YouTubeはソーシャルメディアの代表的な存在ですが、日本の解釈は少し違いますので、あまり深く考えずに、個々の解釈を持っているのも良いと思います。もともとは個々の情報交流サイトとして始まりました。日本ではグリーとかが有名ですよね。今ではFacebookを始め、ミクシーやツイッターなど多種類有りますが、私的にはビジネス活用を考えますので単なる定義ではなく、ビジネスにつながる解釈をしながら、展開を考えていきます。
簡単に言うと、「コミニュケーションを取り合う」というのが、大きな主役的な定義だと思います。言葉の解釈はその程度で私は良いと考えています。皆様、ご意見あれば、教えてくださいね。
奥井流ビジネス活用ソーシャルメディアは【Facebook】を中心にお話をさせていただきます。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ