効果的な話し方5

スピーチの型式1
あらたまった場合のスピーチ
感謝、贈呈、答礼、追悼、親善、祝福等心を表すスピーチがあるがいずれも上品さと良い身だしなみが要求されます。
①スピーカーへの謝辞
・簡潔に30秒から1分の間で話ましょう、
・スピーカーのしゃべった話の内容に立ち入らず、単に全員に代わってスピーカーに感謝しましょう。
・スピーチの価値のある所「聞き所」をのがさず聞きましょう。
・スピーカーが聴衆に与えた「もてなし」に対する謝意を表明しましょう。例えば、スピーカーによって「有益な知識を得た」事とか、「別のニュース」が聞けたとか、スピーカーが自費できているかもしれない為、「わざわざ遠方お越しくださいましてありがとうございました。」とかお礼を述べましょう。
②贈呈の挨拶
・理由について簡単に言いましょう。
・受ける人の功績について言いましょう。
・好意を披露しましょう。
・フォーマルな贈呈をしましょう。
③受納のあいさつ
・心から謝礼を述べましょう。
・贈った人たちに、この意義を述べましょう。
④乾杯の定議
・最初に理由を述べましょう。
・受ける人の業績を述べましょう。
・出席者全員に代わって、当事者に対して祝福の意を示しましょう。
⑤乾杯への答辞
・感謝の意を述べ、形式にこだわらず、心から話しましょう。
・注目を出席者に向けましょう。
・再び感謝を述べて席につきましょう。
突然に依頼されても焦らず「感謝」を忘れなければ大丈夫です。落ち着いて「感謝」を伝えてください。

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ