初対面の人と上手に話を続けるコツ

1. お互いの共通の話題を選んで話す。共通の友人や出身地など。
2. できるだけネガティブな話題を避け、生活・趣味・仕事・好みなどの話題を選ぶ。
3. 自分の話が退屈だと感じたときは、すぐに次の話題に移る。
4. 自分が話す以上に、相手の話を聞く。
5. 過去の話はできるだけ控える。今その場の出来事を話題に盛り込む(その場で聞こえてきた曲や、飲食店であれば、提供される食事などの話題)。
6. 相手の興味ありそうな内容について、知ってる知識を提供する。自分が知っている面白い話でも良い。
7. 「何でも知ってる」という態度は好まれません。自分の知らないことを相手に尋ねるのも、話題の良いきっかけです。
8. 絶え間なく話していると、お互いに疲れてしまいます。ほど良い休憩は会話のアクセントになります。
9. 消極的に話し方は、相手に不安を与えます。自信を持って会話しましょう。
10. 関係のない人が会話に割って入るかもしれません。しかしその機会を利用しましょう。進行している話題は中断しますが、その間に元の話題への期待が膨らみます。
11. 基本的な話題として「天候」は重宝します。ほかの話題が途絶えたときには、天候の話をすると良いでしょう。
12. 物事を選ぶ場合は、常にいくつかの選択肢を用意してください。たとえば食事をする場合でも、選ぶものが用意されていれば、相手も安心して選択することができます。
 
参照元:Marc and Angel hack life(英文)
マスターコラムでよく言っていますが、4番の自分が話す以上に、相手の話を聞くことはとても大切です。

 

関連記事

 

2 Responses to “初対面の人と上手に話を続けるコツ”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    へぇ~!!
    勉強になりますね!
    ボクにとって良い勉強になりました

  2. SECRET: 0
    PASS:
    皆様が元気になれる情報を配信します。宜しくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ