事業計画:思いや情熱からの行動はうまくいかない。

成功への情熱を強く持ち、沢山の夢や希望を持って新事業、起業 をしても、なかなかうまく行かない場合があります。原因は様々ありますが、大半は事業計画書を作成せずに無計画に自分の思い入れだけでスタートしてしまったケースが多いです。何事においても計画は大切です。計画(プラン)がないと、実行(DO)も思いだけになりがちです。計画がないと確認(チェック)もできません。(計画と実行での対比、検討ができない)確認後、改善提案を考えまた、計画します。このPDCAサイクルを回すことが成果につなげるために重要です。特に事業を決意したら、事業の中身をじっくりと検討しながら必ず事業計画書を作成しましょう。何度も精査して書き直すことによって、客観的・論理的に事業の方向性をチェック・修正することも可能になります。また、金額や数字を書き込むことでリアルさが出てきます。いつまでにどれだけをどうしたいのか、みたいな感じで計画しましょう。
これらの計画書の作成の講演やセミナーまた、書籍も結構出ていますが、実際に受講して「なるほど」と理解したつもりでも、実際は中々作成できません。それに気づくことも重要です。
つまり、思いや情熱からの行動は、いかに無計画であるかがわかります。
事業の場合、マーケティング(営業マンの前に「この商品ほしい」と言うお客様を連れてくること)の観点から考えていくことが重要になります。
今日のワンポイント:
・事業計画=マーケティング戦

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ