マーケティングとは

Q:最近セミナーや書籍などで「マーケティング」をよくききます。調べてみてもよくわかりません。教えていただけないでしょうか?
A:ご質問ありがとうございます。確かに調べても抽象的な意見が多いですね。wikipediaでは下記の説明になっています。
マーケティング(英語:marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。
一般的な企業活動のうち、商品・サービスそのものの企画・開発・設計やブランディングから、市場調査・分析、価格設定、広告・宣伝・広報、販売促進、流通、マーチャンダイジング、店舗・施設の設計・設置、(いわゆる)営業、集客、接客、顧客の情報管理等に至る広い範囲においてマーケティングミックスの4Pや4Cの活動が行われている。 企業活動のうち、対顧客視点での活動が行われない製造ライン、研究、経理、人事などの部門は、マーケティング活動とはやや遠い位置づけになる。
一般的にビジネスの現場やマスメディアにおいては、広告・宣伝、集客や販促活動のみをマーケティングと捉える傾向が強いが、これは本来のマーケティングの意味からすれば誤解である。 この誤解は、マーケティングという言葉・概念の普及過程において、企業の宣伝担当部門などがマーケティング部などと名乗ることが多かったため、その部門の担当業務がマーケティング全体を指していると誤って捉えられたと考えられる。
マーケティングの定義は様々に変遷してきているが、商品またはサービスを購入するポテンシャルのある顧客候補に対して情報提供(情報収集)などマーケティング・コミュニケーション活動で相互学習状態を形成して購買に至らしめ、さらなるコミュニケーションのステップアップにて固定顧客化して顧客価値を高め、再購入や顧客連鎖を促進する、などの企業活動の拡大再生産(あるいは維持)を図るための一連の行為であり、心理学、数学、社会学、経済学、そして文学・芸術等様々な知識の上から成り立つ高度なスキルである。 wikipedia:マーケティング参照
一言でマーケティングを解釈すると「売れる仕組みづくり」=マーケティングであるとお伝えしています。「営業・販売」「リサーチ」「販促・プロモーション」「顧客サービス」など売上をあげる活動を仕組み化して結果に繋げることになります。人財育成やビジョンをしっかりと描き、売れる仕組化するかが大切です。
弊社では人財育成を始め、一般財団法人営業教育推進財団の売れる仕組みづくり1級認定講座の運営や企業マーケティングコンサルティングサービスを行なっています。
営業教育推進財団の個客1,128社(平成24年10月末統計)の実例をフル活用し貴社の売れる仕組みづくりを創造します。詳しくは弊社のWEBサイトをご覧ください。
企業価値創造カンパニー ワイズ イノベーション

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ