なぜお金持ちは財布に5000円札を持つのか

【一万円札を守る五千円札】
 お札にはそれぞれの性格があって、もっとも少額の1000円札は流動性が高いフロー型の紙幣です。逆に高額紙幣である1万円札は入りにくく出ていきにくい、ストック型の紙幣だそうです。
 5000円札については、私は多くのお金持ちから、「1万円札が使われないよう真ん中で支える存在」という話を聞いています。1万円札は大将にあたり、5000円札はそれを守る家臣という感覚です。
 お金に好かれる人たちはみな、お金にしっかりと意識を向け、自分なりの使い方のルールを必ず持っています。お札の性格づけのように、自分でつくったルールをゲームのように楽しみながら、お金の使い方をコントロールすることで、自然とお金に好かれ、お金がたまる行動パターンが身についてくるみたいですよ!
これであなたも「お金持ち」?この記事は下記サイトからの抜粋です。
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20130411/President_9090.html

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ