ある社長のお言葉

今日は何時のなく、目が覚めた。ただ今3時45分。早起きは三文の得。コーチングの中村さんや朝活のメンバーの刺激を受けてるのかな。感謝。
先日、ある会社に訪問した時に、通された部屋に掛かってた言葉です。名言を集めてあるのかな。ひと時、目をやり、考えていました。社長さんが集めた言葉を中学生に書いていただいたそうです。書道家だはなく、未来の可能性を秘めた学生と会社の可能性を交えたそうです。とても、心を打たれました。
$きときと講師 奥井良樹
人の一生は重き荷を負うて
遠き道を行くが如し急ぐべからず
不自由を常と思えば不足なし
心に望み起こらば
困窮したるときを思い出すべし
堪忍は無事長久の基 怒りは敵と思え
勝つことばかり知りて、
負うこと知らざれば害その身に至る
己を責めて 人を責めるな
及ばざるは過ぎたるより勝れり
$きときと講師 奥井良樹
人とし天寿を全うしうる為に
青年期に汗、壮年期に知、晩年期に土と語り
人生守終焉を飾るべく日々恩恵に報いる

 

関連記事

 

2 Responses to “ある社長のお言葉”

  1. 佐藤康高 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すばらしい!
    3時45分も素晴らしい??(笑)
    さすが奥井さん!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    今日は「パチリ」と目が覚めました。まれな現象です。なにか!良いことが!起きる!気がしてブログを書くと・・・佐藤さんからコメントが付きました。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ