「成功脳失敗脳」第3日目

私達は毎日無意識の内に、様々な質問を頭の中で繰り返している。
例えばこうだ。
「どうして私は、努力しているのにうまくいかないのだろう」
とか、
「どうして私は、思考がマイナス思考なのだろう」などだ。
一体全体、どこの誰があなたに対して、このようなマイナスの否定的な質問を投げかけてくるのかを考えてみた事があるだろうか。
否定的な質問に対しては、答えは自ずと否定的なものになる。
分かっていただけただろうか。
毎日繰り返されるマイナスの質問が、人をマイナス思考の人に創っていくのだ。
要するに、自分に対してマイナスの質問をしてくるその正体は、失敗脳であったのだ。
分かったからには話は早い。
今日からマイナスの質問を決してしないことだ。
もし、マイナスの質問が出てきたら、そのまま続けてプラスの質問をしよう。
その瞬間から、成功脳を形成していくプロセスが始まる。
ここで一言。
成功脳を持っている人は、「どうしたら成功できるか」という質問を絶えず繰り返すため、答えは自動的に建設的なものとなる。
失敗脳を持っている人は、「なぜ成功できないのか」という否定的な質問を延々と繰り返し、否定的な答えに終始する。
なるほど、すごい発見だ。
作者 吉野浩さん
吉野さんのブログは↓
http://jinseijuku.com/?pid=1
$きときと講師 奥井良樹

 

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページのトップへ